2019年3月18日月曜日

YYサロンのご報告

今回は、3月14日木曜日に行われましたYYサロンというサロン活動についてご報告いたします。

介護予防サポーター講座受講者の方々の活動の場として発足したサロンで、コミュニティセンター深見中会館で行われています。
今回は大和市消費生活センターの消費生活相談員の方に講師を依頼し、最近話題になっている詐欺被害について講義をしていただきました。


詐欺と言っても手口は様々、電話を掛けて息子や孫を名乗る「オレオレ詐欺」や、実際に存在する金融関係機関を名乗り、封書でキャッシュカードと暗証番号を送るよう指示する「振り込め詐欺」など、次々と新たな手口で被害が出ているとのことでした。



そんな中、『だまされやすさ心理チェック』というチェックリストをしたのですが、「知人から良いと勧められると断れない」や「詐欺には絶対にあわない自信がある」「しっかり者だと思われたい」など、一見すると良心的なタイプに見えますが、それは「詐欺師に付け込まれやすい」「詐欺被害は他人事だと思っている」「人に相談することが苦手」とも言えるということでした。
自分では気づきにくいこともありますので、チェックリストを使って客観的に見ることができる良い機会となりました。

YYサロンは毎月第2木曜日に開催しております。
今後も来られた方々に楽しんで頂けるように、介護予防サポーターの方々と一緒に企画等していきたいと思います。

                     深見大和地域包括支援センター 角和

デイサービスにてスポーツ吹き矢

スポーツ吹き矢体験

大和YMCAに関わっていただいているボランティアの方の紹介で、3月13日にデイサービスで、スポーツ吹き矢を実施しました。
スポーツ吹き矢は、腹式呼吸法を積極的に用いる健康法と日本古来の吹き矢を融合させたスポーツとして、普及しているそうです。
必要最低限の自発呼吸ができれば可能で、高齢者の皆さんや、車イスの方でもお手軽できる特徴もあります。














初めて行う、スポーツでもあり、利用者の皆さんも複数回行い、楽しんでました。
これからも、地域の皆さまのお力をいただき様々な活動にチャレンジしていきたいと思います。
大和YMCAデイサービス

2019年3月2日土曜日

障がい児・者と共に歩む 輪和Waコンサート89

3月2日(土)午後1時30分から、大和市保健福祉センターホールにて「輪和Waコンサート89」を実施いたしました。来場者は、350名以上の方が集まりました。

この活動は、障がい児・者と共に歩む差別や偏見のない地域社会を目指し、共に100年歩むという願いを込めて、カウントダウン方式で行い、今年で12回目を迎えました。
障がい児、障がい者が気兼ねなく聴けるクラシックコンサートを目指しています。

東北・熊本など被災地などのコンサート活動に力を注ぐ、「すすきだ音楽隊」を迎え、ヴァイオリン、トランペット、マリンバ、ピアノによるコンサートになりました。
1部は、「翼をください」「交響曲わが祖国より」の演奏があり、会場のみなさんと「おもちゃの交響曲より第1楽章」「花は咲く」を楽しみました。
2部は、オペラを中心に、それぞれの楽器の音色や澄みきった歌声を堪能しました。
実行委員に加え、ガールスカウトの皆さんや多くのボランティアの皆さまのご協力をいただきました。
またロビーでは、地域の障がい者作業所「グリーンファクトリー」「やまねっと」「麦の香り」の皆さんが物品販売と作業所のPRを行いました。
大和のキャラクター、やまとんもコンサートの応援にかけつけてくれました。










本日ご参加いただいた、多くの皆さまありがとうございました。
大和YMCAライフサポートセンターは、これからもソーシャルインクルージョンのある社会の実現を目指し取り組みます。

                  
       





   大和YMCAライフサポートセンター 添谷

2019年2月27日水曜日

本日、ピンクシャツデー

大和YMCAでは、デイーサービス利用者の皆さま、グループホーム入居者の皆さまといじめ問題について考える時を持ちました。
わたしたち、スタッフも高齢者の皆さまが考える、おもいを受け止めることができ有意義な1日となりました。
また、大和YMCAに近隣YMCAスタッフが集まる打合せがありましたので、みんなでピンクシャツデーに思いをはせ、写真をとりました。

             大和YMCAライフサポートセンター 添谷

2019年2月20日水曜日

市場カフェのご報告

今回は、2月13日(水)に行われました2018年度第3回認知症カフェの様子についてご紹介させて頂きます。

認知症カフェとは、認知症になっても住み慣れた地域で安心して暮らし続けられるよう、年齢にかかわらず物忘れの心配のある方や認知症の御本人、そのご家族を中心に、専門職、ボランティアなどの地域の方が気軽に集うことができる交流の場です。
深見大和地域包括支援センターでは認知症カフェを『市場カフェ』として実施しております。

今回は深見西7丁目にあるサービス付き高齢者住宅「ココファン鶴間」の食堂をお借りして、開催いたしました。
『おもいで喫茶』と題し、3つのプログラムの中からやってみたいプログラムに参加していただきました。内容は、『お菓子のトッピング』『昔遊び』『外遊び』の3つです。




         

どのグループも大変盛り上がり、思い出話に花が咲いたそうです。
折り紙も、普通の折り紙ではなくイラストが印刷されたものをご用意させていただいたところ、「かわいいね」「孫にあげよう」と大切に持って帰られる方もいらっしゃいました。

次回の開催は来年度となります。
ココファン鶴間が開所して1年、初めて来られた地域の方からは「気になっていたんですよ。来られてよかった」という声が聞かれました。
市場カフェの開催は、地域の社会資源と人々をつなぐという意味もあると思います。地域ネットワーク作りにつながるカフェを作って行けたらと思います。
                    

                      深見大和地域包括支援センター 角和

2019年2月14日木曜日

かながわ介護サービス等向上宣言

神奈川県では、質の高い福祉人材の確保、定着、育成を目指すとともに、質の高いサービス提供を目指すため、介護サービス事業者による介護サービスの質や地域包括ケアの推進等に関する宣言を募集しています。
このたび、大和YMCAデイサービスセンターでは、より質の高い介護サービス提供をすべく介護サービス等の向上宣言をいたしました。

宣言の内容は、以下の5点となります。
①高齢者の尊厳を守ります。
②サービスの質の向上を目指します。
③高齢者が安心して暮らし続けるための支援を行う人材を育成します。
④地域包括ケアを推進するために積極的な役割を果たします。
⑤地域社会貢献できる人材を育成します。

※地域包括ケア・・高齢者になっても住み慣れた地域で、自立した生活を最期まで送ることができるように、必要な医療、介護、福祉サービスなどを一体的に提供し、すべての世代で支え・支えられるまちづくりをすることです。

大和YMCAデイサービスセンターでは、これからも地域に必要な施設として、地域の皆さまと共に一歩、一歩その歩みを進めて参りたいと思います。
                             
大和YMCA 添谷

2019年2月8日金曜日

大和YMCAからピンクシャツデー

大和YMCAデイサービスセンターでは、ご利用者の皆さまとピンクシャツデーについて考えました。
一人ひとりがいじめに対して「自分事として」向き合うこと、そして被害者と加害者以外の立場の人が「傍観者にならないこと」が、いじめられている人を救うことになる…と私たちは考えます。

ご利用者の皆さま、それぞれが考える、平和への思いを書いていただきました。活動時間の合間に「いじめ」について考えていただき、一人ひとりが個を尊重していくことがいじめのない世界に繋がるのではとのまとめとなりました。


また、日々生活する中で、「言われたら嬉しい言葉」「言われたら嫌な言葉」を皆様と共に考える時も持つことができました。

マザーテレサの言葉である「このような仕事は、大海の中の一滴に過ぎないものです。でもこの一滴を注がなくては、海の水は一滴分減るのです」を心に刻み、大和YMCAでは、公平で平和な世界の実現を目指し、地域の皆様と一歩、一歩その歩みを続けます。
                      大和YMCAデイサービスセンター